ひらけ、東京!!

結婚式に出席すると、「ライフステージが変わったな…」と感じる件【雑談】

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

今日は私の所属する東京青年会議所北区委員会の先輩の結婚披露宴があり、臨時議会中でヤバイかな…と思っていたのですが、なんとか無事に出席することができました。

めでたい宴席は、いつ出ても良いものですねえ^^

さて、最近は結婚式に出席するとつくづく「自分のライフステージが変わったな…」と痛感してます。

どういうことかと言いますと、独身時代は友人などの結婚式に出席すると、新郎新婦サイドに感情移入するわけです。自分もこういう結婚式をしたいなあとか、親に感謝しないとなあとか。

ところが今や、新婦から手紙を読まれる父親に感情移入しまくって号泣するという…。

いやこれ、娘が生まれた男性あるあるだと思うんですけど、どうですかっ!?(熱弁)

特に私の場合、長女が養女というステップファミリーで色々とあるので、結婚式の日にお手紙なんか読まれたらもう大号泣間違い無しですね。一生分泣くわ。

ちなみに私の結婚式は舛添問題の渦中にいた1年ちょっと前です。当時のブログはこちら

長女はもう9歳だから、あと10年後とかに結婚とか普通にありえるんだよなあ…とか思うと、全然先の話しなのに今からソワソワしまくりです。

しかし、万が一でもお手紙を読んでくれなかったらそれはそれで大号泣なので、家に帰ったら早速長女と交渉してみた(バカ)。

私「ねえねえ、◯◯の結婚式の時。パパにお手紙読んでくれるよね?」
娘「えーヤダ(即答)
私「…夕飯にマック買ってきてあげるから!」
娘「やったー!じゃあ読む!」

やったぜ!ありがとう、子ども大好きマクドナルド!
※元マッククルーである私も、マクドナルドをこよなく愛しています
※しかし妻はアンチマック派なので、妻がいない時しか娘はマックは食べらません

というわけで、遠くない将来に娘から結婚式でお手紙を読まれるのを楽しみに、一生懸命働いて娘二人を育てあげたいと思います。

そんな9月最初の週末でした。

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: ,

ページトップへ