ひらけ、東京!!

さ、財布がないっ!!そんな時、政治家ならこう解決する【超雑談】

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

今日も元気にブログを書いていきましょう!初めに言っておきますと、本日はすべて雑談です。

ランチを食べようと、セルフのうどん屋さんに入ったのです。最初にうどんを注文して、そこに天ぷらなどを乗っけてお会計に進むアレですね。

夏バテ予防のために食べるぞー!と好き放題に天ぷらを乗せて、ネギや天かすも大量にうどんにぶち込み、レジにたどり着いた時に私は気づきました。

財布がない。

ぼ、凡ミスだーー!!

最近はICカードが便利なので、財布がないことにこういう場面まで気づかないのですよね…。そしてこちらのお店はあいにくのところ、クレジットカードも電子マネーも非対応とのこと。

すでに色々とトッピングを乗せたうどんを、返品するわけにもいかない。

「キャッシングできるところを探してきます…」

と言ってお店を出るも、近隣のコンビニATMは手持ちのクレカに対して「こちらのカードの取扱はありません」という無情な表示。

ど、どうすればいいんだ…。皿洗いか、皿洗いで許してもらえるのか?!

絶望に暮れながらお店に戻り、最後に何かないかとカバンをもう一度ひっくり返してみたところ、出てきたのはなんと

熨斗袋(のし袋)。

???!!

…そうだ、そうでした!

政治家というのは何分、急な冠婚葬祭が多いものですから、お祝いや見舞金などを余分に用意して、常にカバンの中に入れていたりするのです。

とか言いながら私はすっかり忘れていましたが、カバンの中からお祝い事と訃報の熨斗袋が2つくらい出てきました。

九死に一生!袋だけではなく、中にはきちんとお金も入っており、そちらで無事にお支払をすることができましたとさ。

少し伸びたうどんからは、勝利の味がしました。勝利?

そんなわけで、今日は何が言いたいかというと、みなさんも万が一に備えて熨斗袋は余分に持ち歩く…のではなく、財布を忘れないように気をつけましょうね!カードは万能じゃないぞー!!

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ