ひらけ、東京!!

若さ?ルックス??いやいや、「おじま紘平」候補の最大の魅力は『政策』です!

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

いよいよ長かった選挙戦も、終盤が見えてきました。

えーと、やっていることは、いつもと同じです!早朝5時台から朝のごあいさつをして、歩いて歩いて、最後は街頭演説会をして…。

日に日に窓を開け、ベランダに出てくる人が増え、選挙戦終盤の雰囲気となっているのを感じます。

すでに選挙期間中に歩いた距離は120キロを越えました。車に乗って定点演説をして…といういわゆる「普通の」選挙活動をしていた初日(23日)と、それ以外の日の差が激しい…!

明日と明後日も区内を行脚します!見かけた方は、ぜひ手を振って激励をいただければ幸いです。

紹介できる時間も残り限られてきましたが、今日は大学の直系後輩つながりということで、練馬区から挑戦中の「おじま紘平」候補をご紹介いたします。

おじま紘平公式HP
http://ojimakohei.jp/

早稲田大学政治経済学部に在学中から小池百合子代議士(当時)の地元秘書を務め、知事選の冒頭から自民党の方針に逆らって小池候補の支持を表明した、いわゆる「七人の侍」の1人です。

28歳という年齢と、その精悍なルックスから「イケメンすぎる侍」とも言われ、メディア出演も多く、都民ファーストの会候補の中でも一般知名度は一二を争うのではないでしょうか。イケメン侍?

しかしながら、彼の持ち味はそのルックスでも、若さでもありません。ずばり「政策」です。

都知事選の最中からと、都民ファーストの仲間たちの中では付き合いが長いこともあり、何度か政策論議などもじっくりと膝を突き合わせてする機会がありましたが、区議会議員の経験を活かして、非常に深く・現実的に政策を頭の中で練り上げています

特に基礎自治体議員という背景から提案している「都の権限の棚卸し」、これは本当に重要です。私も「大阪都構想」を応援しているときに何度かブログで書いた通り、政治の原則は「ニア・イズ・ベター」

なるべく住民に近いところに権限を下ろして、基礎自治体が権限と実行力を持ち、都はスリムな自治体となって広域調整のリーダーシップを担うのがベストな形の一つです。

この方向性は是が非でも、おじま候補が都議になっていただき、しっかりと都議会から都政へ提案してもらわなければなりません。

また、待機児童問題にしても、単純に「保育所を増やせばいい」という主張をおじま候補は行いません。認可保育所のコストは莫大で、特に新生児かかる費用は数十万/1名とも言われています。

基礎自治体議員だったからこそ、こうした行政負担のリアルを実感していますし、待機児童問題を解決するためには小規模保育やベビーシッターなど、認可保育所以外の手段を充実させる必要があるとも訴えています。

これは、わかっていてもなかなか選挙戦ではできないことです。正直に言えば、「保育園を増やします!」と言っていた方が、有権者ウケは良いからです。

選挙や票におもねらず、必要な政策を主張する胆力も兼ね備えている。それが若きホープ・おじま紘平候補なのです。

演説しているときは、右手が頻繁に動くのがチャームポイント。

なお練馬区では、同じく七人の侍から「村松一希(むらまつかずき)」候補の立候補しています。

村松一希公式HP
http://www.k-muramatsu.com/

練馬区民の皆さまは、ぜひお二人から投票先を選び、都政に送り出してください!!

明日は東十条駅北口から活動をスタートし、正午は十条駅前で演説会(私の出番は12時45分頃から)、最後は再び東十条駅前でごあいさつをして活動終了の予定です。その他の時間は歩いています!

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ