ひらけ、東京!!

ノロウイルスリレー、次女→長女→妻→…わたし?夜間の容態悪化には、「♯7119」救急相談センターが活躍【雑談】

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

なんか今週は、我が家の闘病日記みたくなっててスイマセン。

街頭演説に地域行事の出席と、日中はフル回転で地元活動を行った後、妻の体調が思わしくないとのことで早めに帰宅。

夕飯は予定通り唐揚げで良いとのことだったので準備を始めるものの、容態が急速に悪化…。

吐き戻し&下痢に加えて、震えるほどの寒気と39度近い高熱がコンボとなって妻を襲う。

そしてゼロ歳児の次女は泣き叫ぶわ、自分のこともかまって欲しい長女が「私も体調が悪い!」と主張し始めるなど、崩壊の兆しを見せるオトキタ家

あえなく、夜間緊急病院のお世話になることになりました。

なお、夜間診療を受け付けている病院を探すには、携帯電話から「♯7119」でつながる救急相談センターが便利です。

救急相談センター – 東京消防庁 – 東京都
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm

テンパって救急車を呼ぶ前に、こちらに相談して限られた医療リソースを有効に使いましょう!(夜間救急病院で観察していたら、案の定、明らかに軽症の方が救急車で搬送されてきたので…)

点滴治療には90分ほど要し、一足先に待合室で力尽きる長女。私はぐずる次女をずっと抱っこしていたら、背中がバッキバキになりました。。

【本日の教訓】

「♯7119」は本当に便利。夜間に困ったら、相談だけでも電話してみましょう
・ワンオペ家事育児の時に、揚げ物をつくるのは自殺行為です

妻の容態は快復に向かっているようで、一安心。しかし、点滴パワーで一時的に元気になっているだけなので、油断はできません。

あとはとにかく、自分に感染が回ってこないように注意しなければいけませんね…。

気温の上下が激しい季節、皆さまも体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: ,

ページトップへ