ひらけ、東京!!

話題の未来型クッキングサポーター 「Cook4me(クックフォーミー)」を使ってみた【雑談】

日々のこと

【お申込み受付中!】

小池百合子知事、北区に来たる!都政報告会&決起大会@6月17日(土)19:00~
http://otokitashun.com/blog/daily/14652/

こんばんは、東京都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

定例会&百条委員会でデスロード状態だった3月を超えて、4月はなんとか週に1~2回は夕食の支度をし、家族と過ごす時間が取れています。

そこで最近活躍しているのが、後輩たちから出産祝いでもらったこちらのアイテム。

未来型クッキングサポーター 「Cook4me(クックフォーミー)」
http://www.club.t-fal.co.jp/products/CA/multicooker/cook4me/

「ボタンひとつで、あとは自動で料理がつくれる!」

という、ドラえもんを広告キャラクターにしているだけあって、なんとも夢のような道具ではないですか!値段が値段だけに自分で買う踏ん切りはつかなかったのですが、多忙な私を見てプレゼントをしてくれた後輩たちには大感謝です。

で、せっかくなので使ってみたレビューなんぞをば。
※メーカーのPR記事ではありませんよ!念のため。

内蔵されているレシピは60種類。レシピを選ぶと材料が表示され、

ナビゲーションに従って食材を入れて、焼く・煮るなどの調理をしていきます。

今日は娘のリクエストでクリームシチュー(作り置き分含めて、6人前!)を作成してみましたが、圧力調理がウリなので、コトコト煮込む時間がわずか数分に省略され、具材が柔らかくなって完成です。

なお、内蔵されているレシピをガイダンスに従って作るだけではなく、「マニュアル調理」機能を使って、内蔵レシピ外のメニューを作ることも可能となっています。

ウェブサイトにはマニュアルレシピも多数掲載↓

マニュアルレシピ
http://www.club.t-fal.co.jp/recipe/category/multicooker-manual/

先日はマニュアル調理でチキンガーリックソテーにチャレンジしてみましたが、こちらも圧力調理であっという間に出来上がり!

フライパンでぶ厚い鶏もも肉を調理していると、中まで火が通っているかどうか確認できず心配になるのですが、圧力調理ならそんな不安とはオサラバです。

中まで柔らかく仕上がり、大変美味しく食べることができました^^

とはいえ、いくつか気になる点もあります。

「ボタンひとつで~」

という触れ込みですが、当然に皮をむく・切るなどの下準備は必要なので、火を使っている時間は短縮できても、下準備にかかる時間は変わりません。

なので、「全自動調理器」みたいなイメージで購入すると、若干期待はずれに感じてしまう方もいると思います。

ちなみに内蔵レシピには「調理目安時間」が表示されて、クリームシチューの場合は

「準備10分、料理10分」

となっているのですが、6人分のシチュー材料の下準備を10分とか無理なんですけどっ!いや、私の手際が悪いだけなのかしら…?

あと、たしかに圧力調理をしている時間はあっという間ではあるものの、電気のため調理に入る前の予熱時間がかなり長いので、「料理10分」もちょっとサバを読みすぎだと思います。

加えてもう一つ。内蔵レシピの場合、表示される手順に従って進むのは楽で良いのですが、全体の工程を最初に見ることができないので、下準備の順番に迷うことがあります。

え、次に肉かよ?!まだ切ってないんだけど、的な。

最初に全体の工程を表示してくれると、肉を加熱調理している間に野菜を切って…とかができるので、そのほうが親切じゃないかなーと思いました。

なんて色々と注文をつけましたが、もちろん良い面の方がたくさんあって、

・ガイダンスに従って材料や分量を間違えなければ、ほぼ失敗はない(というか、かなり美味しい)
・圧力調理がウリなので、とにかく早い
・6人分まで一気に作れるので、作りおきがとてもラク

といったところです。

あとは本当に、ボタン一つで下準備ができるマシーンが開発されれば、夢の二十二世紀(ドラえもんがいる時代)がやってきますね!

個人的にはじゃがいもの皮をむく作業と、玉ねぎをみじん切りする作業が苦手なので、早くこないかなー未来。

家族の人数が多くて、料理に時間がかかって仕方がないという皆さま。あるいは料理がどうも苦手で失敗ばかりという方。

決して安いものではありませんが、短時間で美味しい料理を毎日食べられると思えば、決して高い買い物ではないかもしれませんね。

明日は早朝から、東十条駅(北口側)に出現予定です。今週は何回夕飯を作れるかなあ?

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ