ひらけ、東京!!

【書評】自由主義と「ハハノミクス!」

日々のこと

1240371_507146932693689_760700830_n

週末は、同僚の『お姐』こと上田令子都議が主催する

「第1回上田令子都政報告会 おしゃべりサロン」

に急きょ、ピンチヒッターで参加いたしました^^
自身の都議選の振り返りや、都議会の慣習について
感じたことをお話しさせていただきました。

1098169_545431862189184_1210046850_n

講演終了後は、支援者の方が作って下さった
「(激辛)バングラディシュカレー」に舌鼓を打ちながらフリーディスカッション。
都議会の改革や、政務調査費についての貴重なご意見も。

江戸川のお姐組は活発ですね!

さて、そんな上田令子都議ですが、
以前にも少しご紹介した通り昨年著作を発行しています。

ハハノミクス!
http://goo.gl/nLLuBb

妊娠、出産をきっかけに仕事を退職させられた(!)ことがきっかけとなり、
世のカーチャンたちを取り巻く不公正に立ち向かうべく政界へ。

ワーキングマザーが古色蒼然とした政界で闘う奮闘記としても読めますが、
もう一つの側面として彼女の根底には「自由主義(リバタリアニズム)」があり、
それが本書のテーマとなっていることも見逃せません。

「自由主義者」は、人々が自由意思・自己責任で行動できることに何よりも重きを置きます。
国や政府、政治の役割とはそれを手助けすることであって、不必要な規制や過剰なる政府事業などは
自由な行動を妨げるものに他なりません。

それだけ言うと「自由主義は、強者の論理だ!」と批判されがちですが、
一方で、「自由な選択・行動」ができるように、今現在苦しい立場に置かれている人々に
必要な支援を行うことも、また自由主義者が考える政府の役割であります。

いま、ほとんどの先進国はこの「必要な支援」を拡大解釈し
大きな政府へと一直線に突き進み、国の財政は悪化する一方です。
(言うまでもないことですが、大事なのはバランスです。)

いま日本の公党の中で「小さな政府」「自由主義」を唱える政党は
みんなの党ただ一党です。だからこそ上田令子都議はみんなの党を愛し、
地方議員でありながらそのシンボルの一人として活躍しているのでしょう。

私自身も自由主義的な価値観を中心に持ち、
官僚機構の誇大化で大きな政府、財政赤字の拡大へと突き進む
日本を改善するためにも、みんなの党の存在と主張は大変重要であると思います。

志、価値観を同じくする同志と行動を共にできることに感謝をしながら、
自由主義社会の実現に向けてまい進して参ります!

というわけで、一大カーチャンの奮闘記としても
簡単な政治思想(自由主義)の入門書としても楽しめる「ハハノミクス」。
もうすぐ読書の秋、そのお供の一冊にいかがでしょうか?

1208537_512468085493909_1932816940_n

オトキタも推薦します!(なんとなくのおまけ写真。笑)
それでは、また次回。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ