ひらけ、東京!!

音喜多家に「セメントベビー」誕生!ステップファミリー第二章が始まります【ステップファミリー奮闘記】

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

5204619858815

昨日のブログをアップしてから約9時間後の11月14日5時59分、無事に体重2374グラムの女の子が産まれました。

5204619969468

すこし小さめなのですぐに抱っこはできなかったものの、母子ともに健康で。

5204619936467

長女が学校に行く前に産んだママちゃん、頑張った!!音喜多家に待望の次女、私にとっては初めての実子が誕生です。

最近ブログ読者になってくださった方のために改めて説明しますと、音喜多家は私が初婚、妻が子ども連れの再婚という「ステップファミリー(子連れ再婚家族)」です。

過去記事:【ご報告】私たちは家族になって、恋人になって、また家族に戻るの
http://otokitashun.com/blog/daily/9523/

日本ではまだまだ一般的な概念や言葉として定着していませんが、こうした再婚夫婦の間に新たに出来た子どもは、夫婦や家族の絆を強めるという意味を込めて「セメントベビー」と呼ばれます

しかしながらこの言葉に込められた思いとは裏腹に、セメントベビーが産まれたことで「血のつながり」を過剰に意識してしまい、これまでうまく言っていた継子や妻との関係が上手くいかなくなってしまう例も、少なからず存在することは事実です。

とはいえ、ステップであってもなくても、赤の他人と家族を創り上げていく過程に困難はつきもの

入籍して約1年。養女と私の関係は極めて上手くいっていますが、セメントベビーが文字通りその結びつきを強固にしてくれる存在になるよう、二児の父としてしっかりと努めていきたいと思います。

それにしても。

月並みな感想で恐縮ですが、本当に出産というのは神秘的で、女性の偉大さ(=男性の無力さ)を思い知る瞬間ですね!

陣痛が来る→テニスボールでお尻のあたりをグリグリ押す

というのが私に与えられた役割でして、

5204619790900

LINEのメッセージで間隔のメモを取りながら実施。ときどき忘れてる部分もあるかと思いますが、だいたい5分~10分間隔で

5204619831464

明け方まで延々と続く。

つらいのは私じゃない、痛みと闘っている妻だ!というのは重々わかりながらも、真夜中には意識が朦朧としてぶっ飛びそうになりました。

もう、赤ちゃん早くきてーー!と何度心の中で叫んだことか。実際にママちゃんは痛みに耐えかねて

「もう早く産みたいーー!!」

と絶叫していましたが。そしてその横でスヤスヤと眠り続ける長女という…。

助産師さんに「本陣痛」と認定されたのは0時過ぎからで、そこからカウントすると約6時間。これを12時間とか24時間やっている夫婦は、もっともっと大変なんだと思います。

5204619892216

最初から最後まで一番頑張ったママちゃん、心からお疲れ様でした。子どもを産むって命がけで、本当に本当に尊いことなんだなと。

たまたま出産がもともと家族と過ごす予定で時間を空けていた日曜日に重なり、ほぼ最初から最後まで見届けることができて良かったです。

5204620013009

長女(8歳)の姉としての自覚にも期待!

そしてパパちゃんはとりあえず、明日からの委員会質問ラッシュを乗り越えて、12月は部分育休に突入したいと思います…。

部分育休計画については、今度改めて書きますね。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ