ひらけ、東京!!

「サイエントロジー」なる団体とは一切関わりがありませんし、その考え方に対しても賛同しておりません

日々のこと,

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

最近、お電話やメール、SNSなどで「サイエントロジー」なる団体との関係を指摘する声を多くいただきますので、ここで公式に見解を述べておきます。

「サイエントロジー」とはL. ロン ハバード氏という方が創設した宗教団体です。
http://www.scientology-tokyo.org/

もちろん思想信条の自由がありますから、どなたがどんな宗教を信仰しても自由ですし、それを咎める気はありません。

ただこちらのサイエントロジーについては、「反(精神)医学」という思想を色濃く持っており、特に向精神薬などの投薬治療などに対して否定的な側面を持っています。

これは科学的な知見から適切なものとは言えず、こうした思想が実際の医療現場や政策決定過程に影響を及ぼすことについては、厳として慎まなければなりません。

よって私としては、サイエントロジーなる団体には一切関わりがありませんし、その思想信条に賛同・普及することもありません。

また、会派に所属する議員個人にそれぞれ異なる考え方はあるかもしれませんが、少なくとも会派としては、サイエントロジーに限らず特定の思想宗教団体に与することは決してありません。

また私自身について重ねて申し上げますと、以前にまだ知識が浅い段階で、発達障害に対する医学的アプローチに対して否定的な見解を記してしまったことがあります。

このため「反医学」「反精神医療」という考え方を持っているのではないか?との疑念を持たれたものと思います。

【※追記→記事を非公開に致しました】(現時点で)科学的根拠の弱い「発達障害」を支援することの困難さ
http://otokitashun.com/blog/daily/8740/

リンク先にあるように、こちらについては多くの方からのご指摘をいただき、また私もその後に多くの現場視察や当事者からの意見をヒアリングを行う中で、現在は科学的見地に基づいた適切な医学的アプローチは必要不可欠なものと認識をしています。

以前に不確かな知識で情報発信をした点につきましては、改めて深くお詫びを申し上げるとともに、正しい知識と政策が都政に反映されるよう引き続き努力をしてまいります。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。

それでは、また明日。

■9/13 追記

こちらの記事をアップ後、サイエントロジー東京広報部から記事の訂正を求めるご連絡がありました。

●サイエントロジーは宗教団体ではあるものの、メンバーにも多くの医師を有しけがや病気をすれば病院受診を会員に推奨することを基本方針としている

●サイエントロジー教会が後援する市民の人権擁護の会はあくまで、医学に組み込まれている一分野の精神医療の人権侵害に取り組む非営利団体であり、精神医療現場で起こる著しい人権侵害の問題や、科学的見地からみても適切と言えないような投薬の実態を指摘しているにすぎない

とのことでした。

前者については、「医学」という言葉には精神医学という意味も包括されていることから問題ないものと考えますが、念のためご指摘を受けて文中の「反医学」という言葉を「反(精神)医学」に差し替えいたしました。

後者については「科学的見地」を巡る解釈の相違であり、訂正する必要はないものと認識しています。

以上のお申し出があったことを、両論併記という形でご報告させていただきます。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: ,

ページトップへ