ひらけ、東京!!

「社会モデル」の発想に基づき誕生したヘルプマーク、ご存知ですか?

日々のこと

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
本日はインターン生たちとともに、4月1日より施行された
「障害者差別解消法」のレクチャーを改めて受けました。

そこで話題になったのが、こちらのヘルプマーク。

poster_B3

難病や内部障害、義足や人工関節など外見ではわからない
困難を抱えている方が、支援が必要なことを周囲に知らせるために
2012年から東京都でスタートした制度です。

「東京都障害者差別解消法ハンドブック」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/sabekai.files/handbook_ruby.pdf

の中でもこのヘルプマークという単語は頻繁に登場し、
ヘルプマークをつけている方へは災害時にサポートを行うことや、
交通機関の優先席付近での適切な対応を求めています。

さて、この法律の中では障害者に対して
「合理的配慮を行うこと」とされています。

ゴウリテキハイリョ?ということで、
これが一体どこまでの対応を指すのかについて様々な議論があり、
法律施行ギリギリのタイミングで政府・行政からガイドラインが出たのですね。

その中には、こんな記載も。

2016-04-14 (1)

「ルール・慣行の柔軟な変更」

ということで、行列で待つことが苦手な障害を持つ方などに対しては
順番を入れ替えるなどの対応も推奨されています。発達障害の場合、
こうしたことが難しい方がいらっしゃいます。

ただこうした方々は見た目は健常者の方と変わらない場合もありますから、
単に順番を入れ替える対応を行うと、他の利用者の方から
クレームなどが入ることが予想されます。

そこでも威力を発揮するのがこのヘルプカードで、
支援が必要であることが認識されれば、こうした対応が容易になるわけですね。

…で、この「支援が必要であることが認識されれば」というところが課題で、
こちらのヘルプマーク、皆さんご存知でしたでしょうか?
私も議員になるまで、まったく知りませんでした。。

2012年の導入から発行枚数が10万枚を超えたそうですが、
まだまだ認知度は高いとは言えず、こちらをつけて優先席に座っていても
肩身の狭い思いをする要支援者の方は非常に多いようです。

一方でこのヘルプマークの利点としては、
障害者手帳保持の有無などに関わらず、支援が必要だと感じている人であれば、
どなたでも入手・着用することができます。

以前から我が国における障害者政策は「医療モデル(個人モデル)」であり、
障害者手帳などの医療的認定がなければ支援から阻害される問題を指摘してきましたが、
このヘルプマークは支援の必要性に基づく「社会モデル」思想で設計されています。

参考過去記事:
障がい者と健常者の間にいる「ボーダー」への支援不足…障がいの定義は「医療モデル」から「社会モデル」に転換を!

ヘルプマークは下記の都営交通各駅や行政窓口で
「ヘルプマークを下さい」と言えば入手することができます。

都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、都営バス各営業所、荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室、ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室、多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)、東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)
福祉保健局公式HP「ヘルプマーク」より

まあ誰でも入手できるということは、
それほど支援が必要ではないのに濫用するというケースも考えられますが、
それはヘルプマークの知名度がもっともっと向上してからの話。

障害者差別解消の施行を一つのきっかけとして、
このヘルプマークを少しでも多くの皆さまに知っていただければ幸いです。

またこちらのヘルプマークは、他の自治体でも導入されているものの、
あくまで東京発のローカルマーク。全国統一されていないなどの課題につきましては、
次の機会に取り上げたいと思います。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ