ひらけ、東京!!

調査研究から政策立案、広報活動まで…おときた駿事務所インターン、始動!

日々のこと

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
年始から募集しておりました「おときた駿事務所インターン」、
本日より本格始動をしました!期間はまず半年間です。

4128400856550

厳しい(いや、そうでもない)選抜を勝ち抜いた、
6名の個性&やる気あふれる学生が集まりました^^
(本日は1名欠席)

議員事務所の「インターン」というと、
現実としては無給の労働力として扱われることも多く、
事務作業やチラシ配りなどの単純仕事を割り当てられがちです。

もちろんそうした活動も決して無駄ではなく、
そのプロセスの中でしか得られない知識や経験もあると思うのですが、
せっかくだから面白いインターンにしてあげたいな…と考えまして。

20160405インターンイントロダクション01

色々なインターン先例を研究した結果、
政策テーマの決定から調査、広報誌の作成からその配布までを、
自分たちで全部考えてやってもらうことにしました!

単純にチラシを配ってこい、では沸かないやる気も、
自分たちでテーマを決めて文章を書き、レイアウトをつくったチラシであれば
配布をする気力も出てくるというものです。たぶん。

今日は調査に取り組むテーマをディスカッションしてもらい、
LGBT政策や障害者差別解消法の運用、防災から公営企業の問題点まで
様々な調査テーマの候補が挙げられていました。

ここからどんなアウトプットまでたどり着くか、
私自身も大変たのしみです。

ちなみに今回のメンバーの中には、
聴覚障害の当事者がいます。なのでミーティングの最中は、
全員がパソコンを開いてグーグルドキュメントで情報保障をしながら進行

他人がしゃべる言葉を要約して情報保障するって、実はとても大変。
交代制でやってもらいましたが、こういうところから彼ら自身にも
大きな気付きがあると良いなあと思います。

またインターン生の活動がある日は、「インターン生日記」も書いてもらい、
こちらのブログで別途連載していこうと思っています。
おときた駿事務所の、知られざる秘密がわかっちゃうかも?!

彼らの新鮮な発想に刺激をもらいながら、
私自身の政治活動にも活かしていきたいと思います。

簡潔ながら、本日はこんなところで。
それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ