ひらけ、東京!!

出身業界からの援護射撃 -民間の常識、政界の非常識-

日々のこと

先ほど(23時過ぎ)、夜の活動を終えて事務所の近くの
コインパーキングに街宣車を停めて降りたところで

「あんた、本当にすごいなぁ。自分で車まで運転してるんだ!」

と話しかけられました。
先日、東十条で終電キャンペーン中に会った方でした。

「あの時もまさか、本当に終電まで頑張ると思わなかった。
 心から尊敬する。君を見て、政治家への見方が少し変わった」

ともったいないお言葉をいただきまして…
思わず涙がでそうになりました。

ちなみに予定候補者本人が街宣車を運転するのは相当珍しいらしく、
こないだも新聞記者さんにとっても驚かれました。

まあ、好きでやってるのと、
平日は物理的に人がいないという事情だけなんですが(苦笑)。

こんな組織もコネもない全身全霊を賭けた闘いも、いよいよ終盤戦。
なんだか、人間としてはとても強くなっている気がしますが、
政治家としての審判はどのように下されるのでしょうか…

そんな不安と闘う僕に、出身業界(?)からの援護射撃が。
ファッション関連の会社にいる人ならたぶん必ず読んでいる、

「WWD JAPAN」

という専門誌に取り上げていただきました!
元伊勢丹バイヤーで現参議院議員の藤巻さんも連載を持っていた、
業界では有名な媒体なので、個人的にもけっこう嬉しいです^^

LVMH出身者がみんなの党から都議会議員選挙に挑戦予定!
http://www.wwdjapan.com/business/2013/06/09/00004864.html

371187840959

LVMHから政界に行ったら、藤巻さんに並んで確かに異色の経歴ですよね。

業界はどこであれ、本当に民間経験は積んでおいて良かったと思っています。
まだ片足を突っ込んだだけの政治の世界ですが、民間の視点から見れば
本当にしがらみだらけで理不尽なことばかりです。

与えられた期限の中で、一定の成果を出す。

民間では当たり前のことですが、政治の世界ではまったく守られません。
4年間も時間がありながら、選挙でお約束したことを
何一つ実現できていない議員はたくさんいます。

「善処しました!」
「取り組みました!」
「意見が反映されました!」

そんな曖昧な活動や報告で許されるのは、政治の世界だけです。

民間の、外資系企業で厳しく鍛えられた視点で、
必ず政治の世界でも結果が出せるように、自らの経験を活かして行きたいと思います。

また、好敵手の皆さまは人生の先輩たちばかりですが、
民間経験は僕の7年間が最長のようです。新しい価値観を、しっかりと訴えていきます!

何はともあれ、業界の期待(?)に応えられるよう、明日も早くから頑張りまっす。
王子駅中央口の予定です!

個人献金のお願い

5月11日開催 みんなの党基調講演会お申込み

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ