ひらけ、東京!!

老舗の子育て支援サービス「ファミリーサポートセンター事業」の利便性を高めるには?

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
昨日の午前中は赤羽にあるお寺「正光寺」で行われた
子育て支援イベントにお招きいただきました。

4008142548352

子どもを預けたい保護者と、対応できる登録者をマッチングする
「子育てシェア」という事業を運営されているAsMamaさんが主催で、
ざっくばらんに少人数で当事者同士が交流・意見交換をできる会合でした。

As-Mama.inc
http://asmama.jp/index.html

普段なかなか議員などとは関わりがなく、
行政などに不満が溜まっているであろうママさんたちから、
思う存分にご意見をぶつけてもらいまして(笑)。

ここで多くの指摘があったのが、行政が運営する
「ファミリーサポートセンター事業」通称ファミサポです。

ファミリー・サポート・センター事業(北区)
https://www.city.kita.tokyo.jp/gyakutai/kosodate/kateshien/support/famisapo2.html

地域で子育てに登録してくださる方々と利用者をマッチングして、
民間のベビーシッターなどよりかなり安価にサービスが利用できる事業です。
0歳~小学6年生までの保育や送迎などを依頼することができます。

実はこれ、20年以上前の1994年から「仕事と育児両立支援特別援助事業」
としてスタートした、老舗の子育て支援サービスなのですね。

民間のベビーシッターサービスが時給1500~3000円程度に対して、
ファミサポは1時間800円~900円という価格で利用できるため、
家計に優しく一部には非常に人気の高いサービスです。

一方で、

「せっかくのサービスなのに、使いづらい」
「昔は使っていたが、利用しなくなってしまった」

という批判も多くあるのが実情です。
もっとも多いご意見は、利用に際して時間が非常にかかること。

利用する希望日の1週間前には申込が必要なのですが、
往々にしてシッターサービスは病気や急な冠婚葬祭などでニーズが発生するため、
こうした緊急性の高い案件に対応することができません

うちの妻もこれが理由で結局、ファミサポではなく
民間のシッターサービスを利用しています…。

また、自治体によって事業のサービス内容に差があります
例えば北区ではファミサポは基本的に「1対1」が原則で、
兄弟などを一緒に預けることができません。

豊島区や世田谷区などでは「二人目以降半額」など
むしろ安価で利用することもできたりするのですが、
安全面などから複数の託児に慎重な自治体も多いようです。

北区は乳幼児の人口は増加傾向にある一方で、
子どもが就学年齢になると区外への転居が始まる傾向があるのは、
こうした「複数人の子育てのしづらさ」にも原因があるのではないでしょうか。

複数人の子育てをする方々は結局、
まとめて預けたい時や緊急時はAsMamaのような民間マッチングサービス、
あるいはシッター会社を組み合わせて利用しているそうです。

今や民間のマッチングサービスやシッター会社は
メールやSNSでも即日で利用できる状態ですから、行政のファミサポも
こうしたスピード性を目指して進化していく必要があります。

あるいは思い切ってファミサポ事業を民間委託して、
ベビーシッター会社のシステムをそのまま利用するのも一つの手です。

ここに助成金を入れて安価なサービスとして提供すれば、
私が常々主張している「保育バウチャー」に近いものが提供できます。

「保育園落ちた日本死ね!!!」

の影響は、「まだテレビ一社」というコメントを書いた時点から
あっという間に広がり、国会論争にまで到達しました。
これは大きな前進だと思います。

保育園だけではなく、こうしたファミサポ事業の改善なども
合わせて検討していくことで、多角的な保育サービスを提供できるはずです。

ファミサポは基礎自治体の事業になりますが、
区議会議員たちとも連携しながら、政策提言をしていきたいと思います。

今回のイベントにお招きいただきた正光寺の寿光住職、
またAs-Mamaの皆さま、ありがとうございました!

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: , , ,

ページトップへ