ひらけ、東京!!

おときた駿の政策

おときた駿の考える4つの政策

1.日本は子育て貧困国!子育て支援政策をフランス流へ

2.都内にもある教育格差!教育水準の底上げで競争できる環境へ

3.定年=リタイアはもう古い!世代の垣根を超えて協働する街へ

4.民間の力を活かせ!スリムな行政でスマートな社会へ

音喜多駿の政策リーフレットはこちらからご覧いただけます

働く世代が日本で最も多く、人口が増え続けている「東京」。

しかし、10年後には戦後初となる人口減少が始まり、高齢化が全国平均の2倍以上のスピードで進んでいくと予想されています。働く世代が急速に減少し、少数の社会の担い手に負担が集中していくことが考えられます。

今の社会の仕組みは、高度経済成長期に人口が増え続けることを前提として作られているため、これからの情勢に対応できないことは明らかです。働く世代が多く、東京に活力がある今のうちに、20年後、30年後も持続できる社会の仕組みづくりを始めなければなりません。

具体的には、

  1. 日本は子育て貧困国!
    子育て支援政策をフランス流へ
  2. 都内にもある教育格差!
    教育水準の底上げで競争できる環境へ
  3. 定年=リタイアはもう古い!
    世代の垣根を超えて協働する街へ
  4. 民間の力を活かせ!
    スリムな行政でスマートな社会へ

こうした政策を実施していくことで、若い世代とシニア世代が協力し、すべての世代が活き活きと暮らせる東京を創ることができます。

若者や働く世代が日本で一番多い街、この「東京」は、変化できる可能性が最も高い街なのです。そして、これから急速な高齢化が想定される以上、時間はもう残されていません。

新しい社会の仕組みづくりを、ここ「東京」から。
東京から変えていく。変えられる理由がある。

1. 日本は子育て貧困国!
子育て支援政策をフランス流へ

解決しない待機児童問題…両立できない仕事と子育て…日本の子育て支援政策は非常に貧弱です。世界には、子育てのための制度が充実し、出生率を劇的に回復させたフランスのような国もあります。民間企業やNPOの活用、小規模保育など多様性のある子育て制度への転換で、東京もフランスのような子育て先進地域になれるのです。
政策の詳細を見る

2. 都内にもある教育格差!
教育水準の底上げで競争できる環境へ

少ない人口で社会を支えていくためには、一人ひとりの競争力を高めていくことが重要です。競争力の高い人材の育成に欠かせないのが「教育」ですが、同じ東京都内でも自治体によって公教育に大きな「教育格差」があります。私塾に頼らなければならない公教育への信頼を取り戻すことで、東京は更なる飛躍を果たす可能性を秘めています。
政策の詳細を見る

3. 定年=リタイアはもう古い!
世代の垣根を超えて協働する街へ

働く世代が減少していく状況でも、まだ日本には豊富な資源が眠っています。それは、元気なシニア世代のみなさんです。経験や知識が豊かなシニア世代に、教育や保育、そして地域活動の分野で活躍していただく。そして、そこから生まれた力を次の世代に投資していく。そんな仕組みづくりが東京なら実現可能です。
政策の詳細を見る

4. 民間の力を活かせ!
スリムな行政でスマートな社会へ

高齢化が進む社会では、社会保障費(福祉費用)が予算の大部分を占めます。その費用を確保していくためには、いま以上に民間企業を活用した力強い経済成長が必要です。また、行政の役割の一部を民間企業に任せることでスリム化し、無駄な支出を減らしていく。このように、収入・支出の両面からの改革を、ここ東京都から始めていきます。
政策の詳細を見る

北区の住民意識に関するアンケート最終集計結果を掲載いたしました

ページトップへ